アパート・マンションのガス事故は、大規模になりやすいのでガスの取り扱いには、特に注意をしてください。
また、ガス器具を使うと多量の水蒸気を伴い、結露を招く原因になりますので必ず、換気扇をお使いください。

ガス器具を使い終わった時・就寝時・外出時には各器具の元コックが確実に閉めてあるか確認してください。
部屋を長期にわたって留守にする時は、ガスの元栓を閉めてください。

ガス漏れに気づいた時はまず、ガスの元栓を閉め、部屋の換気を充分にした上でご契約頂いている
ガス会社の営業所に連絡してください。ガス漏れの修理が終わるまで火気の使用は中止します。
(ヒュースコック式の場合は、ソケットをはずすと元栓を閉めた状態になります。)

ライフライン連絡先一覧

  • ご注意事項

    ご注意事項

  • マイコンメーター

    マイコンメーター

ガスに関するご注意

1ガス漏れのときは

すぐに使用を中止してガス栓を閉め、東邦ガスにご連絡ください。
係員が処理するまでは、絶対に火をつけたり電気器具のスイッチの入、切や電源プラグの抜き差しはしないでください。

2近くに燃えやすいものを置かない

機器の上やそばに燃えやすいもの(紙、洗濯物、揮発油など)を絶対に置いたり近づけたりしない!

3やけどに注意

使用中、使用後しばらくは、排水口とその周辺は熱くなりますので、手を触れないで!
特に、小さいお子様がいる場合はご注意を!
シャワーなど使用後すぐに使うと、一瞬熱いお湯が出ることがありますので、ご注意を!

4湯量は多くして

湯量が少ない場合は点火しないことがあります。
この時は湯量を多くして使用してください。

5使用中はガスの臭いに気をつける

使用中には、ガスの臭いや、不快な臭いがしないかときどき確認を!
リモコン使用時は、使用後、リモコンの給湯スイッチを「切」にしてください。

6飲用にお使いのときは

飲用にお使いいただけますが、機器内に長時間たまっていた水は、飲用または調理用に用いないでください。

7排気口をふさがない

不完全燃焼や異常過熱の原因になります。排気口の前方は、60cm以上離してください。

8混合栓の使い方

混合栓などで一度湯を止めた後すぐに再使用する場合は必ず給水栓から開け、 次に給湯栓を開けてください。(湯側から開けると、いきなり熱湯が出ることがあり危険です。)
停電時、断水時、またはガスの供給が止まったときは、器具の運転は停止します。復帰するまで給湯栓は閉めておいてください。

9シャワーの使い方

シャワーを使用する場合、手で湯の温度を確かめてからご使用ください。
また、いったん湯を止めた直後に再びシャワーを使用する場合は、器具の後沸きにより、一瞬熱い湯が出ることがありますので注意してください。

10停電・断水のときは

停電・断水時は運転を停止しますので、給湯栓を閉めておいてください。
(通電・通水後はあらためて操作し直してください。)

11同時使用のご注意

2カ所で湯を同時に使用すると、1カ所当たりの湯量が少なくなったりぬるくなったりする場合があります。
特にシャワー使用中の同時使用はなるべく避けてください。

12異常燃料のときは

万一、異常燃焼(出湯中に、“ゴー”と音のする燃焼)を起こしたときや、地震・火災などの緊急の場合には、すぐ使用をやめて
①給湯栓を閉め
②リモコンの給湯スイッチを「切」にし
③給湯元栓・ガス栓を閉めた後、東邦ガスまでご連絡ください

13雷のときは

近くで雷の音が聞こえたときは、落雷時に電子部品を損傷するおそれがあるため、すみやかに電源プラグをコンセントから抜いてください。
電源コードが埋込まれている場合は、元のブレーカーで切ってください。
雷が遠ざかったことを確かめてから、電源プラグをコンセントにしっかりと差し込んでください。

ガス警告器

ガス警報器は入居者様のご費用負担にてお取り付け頂きコンセントを入れておいてください。
また、警報器が鳴りましたらガス漏れ箇所を確認の上、ただちに換気をして東邦ガス各営業所にご連絡ください。
(日本酒などを沸かすと通報する場合がありますのでご注意ください。)

マイコンメーター

マイコンメーター

マイコンメータとは、従来のガスメーターにマイコン、遮断弁・感震器・圧力スイッチを組み込んだものです。

この各種センサーが異常をキャッチすると、マイコンが遮断弁を作動させ、ガスを遮断します。

マイコンメータは次のような動きをします。

  • ガス漏れ

警報表示(ランプ点滅)

長時間口火をつけっぱなしにしていた場合は、ガス漏れを検査する機能がはたらいて、警報表示が点滅する事があります。

ガス機器をお使いにならない時は、口火を消してください。
なお、警報表示の点滅が消えない時は、東邦ガスへご連絡ください。

  • 多量ガス漏れ

  • ガス機器の消し忘れ

  • 大きな地震

  • ガス圧の低下

  • 復旧時のガス栓閉め忘れ

  • ガステーブルなどの立ち消え

警報表示(ランプ点滅)と遮断

ガス栓の誤開放やゴム管のはずれなど、異常に多量のガスが流れたとき、すみやかにガスを遮断します。

消し忘れなどで、ガスを異常に長い時間使用しつづけるとガスを遮断します。

マイコンメータに振動やショックを与えますと、感震器がはたらいて遮断する場合があります。
マイコンメータには異常な振動やショックを与えないように注意ください。

マイコンメータの復帰ボタンを押した後、3分以内に再び遮断する場合には、ガス栓が開いている可能性があります。開いたガス栓を閉め、もう一度復帰操作を行ってください。

マイコンメータは、ガステーブルの立ち消えのように、小流量のガスもれの場合には長時間経過しないとガスを遮断しません。
ガス機器のご使用時には、従来どおりご注意お願いします。

復帰の方法

1

復帰の方法

お部屋のガス栓、口火をすべて閉めて下さい

2

復帰の方法

キャップを外し、復帰ボタンをゆっくり押し込み、すぐ手を離して下さい
(復帰ボタンが戻りランプが点滅します)

3

復帰の方法

手を離して3分ほどお待ち下さい
マイコンガスの安全を確認中です
操作が終わったら必ず元どおりにキャップをして下さい

お気軽にお問い合わせください

本社

お電話でのお問い合わせ

052-242-1131受付時間 9:00~18:30

ご相談・
お問い合わせ

×