先輩からのメッセージ

先輩社員からのメッセージをご紹介します。あなたの仕事への具体的なイメージをつかむ参考にしてください。

松岡 潤

JUN MATSUOKA

  • 港支店・営業課
  • 2012年4月入社
  • 岐阜県出身
  • 愛知東邦大学・経営学部・地域ビジネス学科卒

主な業務
・新客訪問(飛び込み営業) ・各種事務処理
1日の業務の流れ
08:10 出社 メールチェック
08:45 掃除・朝礼
09:00 始業 メールチェック
10:00 新客訪問
12:00 昼食
13:00 新客訪問
18:00 事務処理 訪問記録
20:00 帰宅
メッセージ
大学のOBが多く在職していたことが
入社を決める一つのポイントでした
貝沼建設は私の出身大学の卒業生が数多く活躍している会社でした。
子供の頃からずっとサッカー一筋で頑張ってきたので、それ以外の事はからっきしでしたが就職活動中に会社説明会で話を聞いた時に卒業生が多いと聞き、縁を感じました。
今では私の出身大学が在職者では最多の大学になっています!
とはいえ、派閥などがある訳ではないんですけどね。
営業の醍醐味、初めての受注!
営業課は初めての受注を頂くまでに数年かかる事が当たり前だったりします。販売する金額が非常に大きいので当たり前ですよね。その為、焦らずまずはお客様との信頼関係を築ける根気がある人が向いている職種だと思います。
ただ、私の初受注は最初にそのお客様を訪問してから4ヶ月という比較的短い期間で注文を頂いた案件でした。築30年程の空き家を見付けその所有者の方へ、入居者募集の為に訪問したのが始まりです。スムーズに入居者が決まった事で信用をしていただき、コダテックス3棟の注文を頂く事が出来ました。
一からお客様との関係を築けることが、営業課の醍醐味ですよね!貝沼建設というバックボーンがあるのは勿論ですが、私を信用してくださっているのが分かり、本当に嬉しかったです。
困りごとは時間が経つ程悪化するので、スピーディさを心がけています!
まずはお客様も困りごとを解決する事が私たちの仕事です。長期の空室や滞納問題などは不動産経営と切っても切れない悩みなので、何よりもその困りごとを解決しなければ次に進めないと思っています。しかも、こういう問題は時間が経過するほど損失が大きくなるので、スピーディさを常に考え、最小限の損失で済むように行動するようにしています!
他の会社と比べて早いね、と言ってもらえるとちょっと誇らしい気持ちになったりします。
キャラが濃い先輩たちですが全体的にバランスが取れているなぁと
私のいる港支店営業課は全社の中でも人数が多い部署になり、先輩や上司にはトップセールスマンがいるのでとても便りになります。
そんな上司たち達はキャラがそれぞれ全く違うのですが、なぜかバランスが取れていて…。様々な先輩の良い箇所を吸収できるので、恵まれた環境だと思います。そんな上司たちの共通点は「振る舞う事が好き」な点だと思います。プライベートでBBQや手料理会などを開催してくれるので、こういう「人の為に何かする事」が好きな事が営業活動や成績にも繋がっているのだと思います。
【守る】事が出来る営業マンになりたい
今はまだまだ勉強中で身に付けなければならない事が山ほどありますが、いつかはお客様に頼られ、そして資産を【守る】事が出来る営業マンになりたいと思っています。
その為にも、今は身近にいる上司から知識や技を盗む為に常に目を光らしています!
一言Q&A
・学生時代に頑張った事 ・・・サッカー
・どんな人と働きたいか ・・・ 体育会系
・学生と社会人の違い ・・・ 責任感
・貝沼建設のココが凄い ・・・ お客様に対する姿勢
・どんな社員が多い ・・・ 基本的に優しく、面倒見がいい人が多い
・社会人になっても変わらなかったこと ・・・ サッカー、人との関係性の保ち方

濱本 圭太郎

KEITARO HAMAMOTO

  • 緑支店 不動産管理課
  • 2015年4月入社
  • 愛知県出身
  • 中京学院大学・経営学部・経営学科

主な業務
・入居者募集 ・入居者、建物管理 ・リノベーション、リフォーム提案 ・各種リフォーム工事手配 ・新客訪問
1日の業務の流れ
08:10 出社
08:30 ミーティング
08:45 朝礼
09:00 始業 メールチェック
09:20 大家訪問(退去報告・定期点検報告)
12:00 昼食(支店)
13:00 新客訪問
14:30 入居希望者内覧案内
16:00 物件巡回
17:00 事務処理 訪問履歴・契約書類チェックなど
21:00 帰宅
メッセージ
人事の人との出会いがきっかけです
就活中は、地元企業の営業職を探していたのですが、岐阜の大学だった事もあり入社前は貝沼建設の事は全く知りませんでした。大学の学内セミナーで地元企業の営業職という事で何となくブースに座ったのですが、その時の人事担当者が面白く熱心な方だったことが決め手となり選考に進みました。貝沼建設の選考方法は少し変わっていて、学生が「貝沼建設とはこういう会社」というテーマでプレゼンを行うのですが、これがちょっと大変でしたが会社を深く知る事ができ、今ではやって良かったなと思います。
初めて自分が成約した「お客様」は一生忘れません
貝沼建設は入社後2週間の本社研修終了後に各支店に配属されます。本社研修では実務的な内容というより、ビジネスマナーなどがメインの研修の為、実務については支店配属後に先輩から学んでいくのですが、ある日、来店されたお客様の対応をする事になり、その時の自分が出来る精一杯の接客を行ったところ、入居契約を取ることが出来ました!支店配属後すぐのことだったので、自分でもびっくりしました!タイミングや物件自体の魅力もあったと思いますが、初めて自分が契約を結んだお客様だったので非常に嬉しかった事を覚えています。新婚さんでしたが、現在でも入居して頂いておりとても思い出深い出来事です。
「知らない」事を伝える大切さを学びました
仕事で気を付けている事の一つが「知ったかぶりをしない」こと。入社したての時は先輩に迷惑をかけたくなかったり、すぐに返答した方が良いだろうという、変な意識が働いてお客様に曖昧な返事や間違った返事をしてしまっていました。
その結果大きなトラブルに発展してしまった事があり、それからは分からない事は必ず確認するようにしています。ただスピーディさも大切だと思っているので、その場で電話確認をしてなるべくお客様を待たせないように気を付けています。
仲間だけど負けたくないのが、同期!
私の同期は5人で不動産管理課が4人と建設部に1人います。その中でも同じ不動産管理課の同期は相談も出来る仲間ですがやっぱりライバルですね!絶対負けたくないという思いがあるので、相手の成績とかも気になったりします。あっ、大型案件受注したな、とか!だたやっぱり同期は同じ悩みなどもあるので良く会っていて愚痴ったり、仕事の話をしたりとお互いが高め合える関係だと思います。
好きな野球を続けられる環境がある
私は小学校から大学までずっと野球を続けていたほどの野球好きですが、2017年春に貝沼建設に軟式野球部が立ち上がりました。まさか会社で野球が出来るとは思っていなかったので嬉しかったですね!現在は週1回、本社近くのグランドを借りて練習をしています。元プロ野球選手の方たちから指導を受けたりするので、本当に楽しみながら出来ています。ただ学生時代より体力が劣ってきていますね。まだ後輩には仕事だけでなく野球でも負けない自信はありますが!私の卒業大学の野球部からも3年連続入社しているので、このまま後輩が増えて欲しいなと思います。
もちろん目指すは【トップセールスマン】
営業職に付いているからには、目標はもちろんトップセールスマン!営業課に異動になったら貝沼建設で一番大きなマンションを建てたいですね。今は知識も経験もまだまだですが、今は追っている先輩の背中を超えてやると思っています。
一言Q&A
・学生時代に頑張った事 ・・・ 野球
・どんな人と働きたいか ・・・ 元気な方、素直な方
・学生と社会人の違い ・・・ 責任感
・貝沼建設のココが凄い ・・・ 体育会系なのに優しい人
・どんな社員が多い ・・・ スポーツマン
・社会人になっても変わらなかったこと ・・・ 礼儀
仕事の相棒:愛用のボールペン
契約のサインを頂く時などは必ずこのペンを使用している私の勝負アイテムですね。愛用しすぎて少し剥げてきている箇所もありますが、このペンを使って、いつか貝沼一のマンションの注文書へサインを頂く予定です!

榊原 健太

KENTA SAKAKIBARA

  • 西支店・不動産管理部
  • 2015年12月入社
  • 愛知県出身
  • 東海工業専門学校・ライセンス本科卒

主な業務
・現場管理 ・工事業者の手配 ・工事工程管理 ・品質管理 ・予算管理
1日の業務の流れ
08:30 出社
08:35 掃除・朝礼
09:00 始業 現場資料の確認
09:30 1棟目現場 外構工事のチェック
11:15 2棟目現場 内装業者と打合せ
12:00 昼食・移動
13:30 3棟目現場 社内検査
15:00 事務作業 工程の進捗状況の整理、予算・工事費確認、営業課と打合せ
20:00 帰宅
メッセージ
在来工法のプロ集団
私は工事3課に所属しています。工事課は1課、2課、3課と工法によって課が分かれており、私の課は木造在来工法を担当しています。主に企画商品のコダテックス、連家の建設を行っています。工法毎に課が分かれていてプロフェッショナルを育てる環境になっているので、知識をどんどん吸収できる職場だと思います。
1棟と5棟の違いに驚愕
初めてコダテックス5棟の現場を任された時は戸惑いばかりでした。同じ企画商品を建てているにも関わらず1棟を建てる時と全く勝手が違って、いかに5棟全てを同じペースでスムーズに進行するかを調整するのに本当に苦戦しました。
その分、完成した時の感動は大きかったですね。もちろん周りの先輩たちの協力がなければ出来なかった現場でしたが、自分が責任者として携われる事が誇らしい気持ちになりました。
今でも上棟式(屋根まで出来上がった状態)を無事迎える事が出来ると、工事の途中ですが少しほっとします。
職人さんはほとんどが年上の方
それでも対等に接する必要性があります
現場の職人さんはほとんどが年上の方なので最初は接し方が分からず、時には舐められた接し方をされる事もありました。私も自信がなく不安げな態度で接していたので、職人さんからしても、頼りなかったのだと思います。ただ、現場をまとめるのが私の仕事なので言うべき事はキチンと伝えないといけないのは分かっていましたが、それでも知識も経験もない私よりも職人さん達の方が分かっている部分もほとんどなので、色々な事を教えて頂きながら、関係づくりを行う事を意識しました。
最近では信頼して頂き、私の話をしっかりと聞いてもらえるようになりましたね。今まで冷たかった職人さんが耳を傾けてくれた時は本当に嬉しかったです。それでも、まだまだ現場での大先輩方たちからは学ぶ事だらけで色々勉強させてもらっています。
メリハリのある仕事への取組み方が
働きやすい環境を作ってくれているんだぁ…
現場監督ってちょっと怖くて無口なイメージを持たれる事が多いのですが、実際、仕事現場ではその通りです!!それは工事現場は様々な危険がたくさんあるので、常に気を張っていないと一瞬の気のゆるみが大けがに繋がる事があるので、どうしても厳しい顔になってしまうんです。ただ、現場を離れると本当に優しい方ばかり!
仕事中とのギャップがとても大きく、上司や先輩に可愛がって頂いています!ただ厳しいだけでも、優しいだけでものない、そのメリハリがある事が働きやすい環境になっていると思います。
目指すはどんな建物にも対応できる
オールマイティーな現場監督になること!
建物は構造によって建て方が大きく異なる為、構造毎に勉強を行う必要があります。いつかはどんな建物でもこなし、頼られ、部の大黒柱となれる現場監督になりたいですね!
今はその目標に向かって資格取得の勉強にも励んでいます。
一言Q&A
・学生時代に頑張った事 ・・・ お好み焼き屋さんのバイト(モチ明太醤油味がおススメ)
・どんな人と働きたいか ・・・ 元気さ、積極さ、素直さがある方
・学生と社会人の違い ・・・ 責任感
・貝沼建設のココが凄い ・・・ 地域の信頼が厚い、地元では名前が知れている
・どんな社員が多い ・・・ 話しやすい人が多い
・社会人になっても変わらなかったこと ・・・ 趣味のバイク
・休日の楽しみ ・・・ ツーリング(社会人になって憧れのハーレーダビットソンを買いました!)
仕事の相棒:ヘルメット ・メジャー ・三色ボールペン
現場では必ずヘルメットを着用するので、なくてはならないアイテム!
また直ぐに採寸できるようにメジャーは常にポケットに入れてあります。
そして図面などに記入する際に活躍する三色ボールペンは貝沼オリジナルの物を愛用しています!

田中 亮

RYO TANAKA

  • 本社 建設部 設計課
  • 2014年4月入社
  • 静岡県出身
  • 東海工業専門学校・ライセンス本科卒(Wスクールにて愛知産業大学卒)

主な業務
・新築の計画図 ・実施図面作成 ・リノベーション関係の図面作成 ・工事監理
1日の業務の流れ
08:30 出社
08:45 朝礼
09:00 始業 メール確認(社内・社外も含めてメールの確認・返信)、1日の業務の確認
09:30 現場到着 現場状況の確認や検査(図面通り進んでいるかを実際に目で見て確認)
10:30 打合せ 現場監督や業者さんなどと実際に現場で確認を行いながら打合せ
12:00 昼食
13:00 もうひと現場で確認業務
14:00 事務作業 新築の計画図作成、リノシスの図面作成、デザイン案情報収集
18:00 社内書類処理
20:00 帰宅
メッセージ
子供頃の夢は「大工さん」
親が金物屋をしていた影響もあり、子供の頃の夢が「大工さん」。周りは野球選手やケーキ屋さんなどが並ぶ中で少し異色だったと思います。それぐらい自分の中では「建物」に関する仕事に就くことが当たり前に感じていました。
高校に進学するぐらいから設計に興味を持ち始め、卒業後に設計が学べる専門学校に入学しました。在学中は提携大学の卒業資格も取得したかった為、レポートや課題などに忙しい日々を過ごしていました。もちろん、遊びも忘れてはいなかったですが。
知識の深め、幅を広げる事で、自分がどこまで成長出来るか、を仕事を通じて挑戦したかった
入社の決め手になったのは、設計できる種類が多かった事。貝沼建設は本当に多種多様な建物を設計、施工しているんです!個人住宅からマンション、店舗に事務所。こんなに一つの職場で色々な事が出来る職場は少ないんじゃないかなぁと思います。もちろんその分知識や経験が重要になるので、私はまだまだですがいつかはどんな建物でも設計できるようになりたいですね!
そんな中でも特に好きな仕事が「リノシス」。
リノベーションは室内デザインがメインになります。
元々内装を考えるのが好きだったので、自分の思いをデザインできるのは楽しいですね!
まるで四次元ポケット…
設計課の仕事は法との関わりが非常に深く、キチンと確認を行わないと大変な事になってしまう可能性があります。なので、まずは確認を行う事が大切になります。もちろん、まずは自分で調べてみてから上司に確認を行うのですが、その際の上司の知識量には本当にびっくりします!どこにそんな知識を詰め込めるスペースがあるんだろうと疑問に思ってしまうぐらい。本当、脳が四次元ポケットにでもなっているんだと思います。
そんな尊敬できる上司や先輩が目の前にいる環境で働けるのは魅力的だと思います。いつか超えてやる、って。
机上論でなく実地での設計力が身に付く職場
上司は全員一級建築士です。分からないことはすぐに聞ける環境が整っており、設計力と実力が身についていくのを実感しています。資格勉強で学んだ事と実際に現場で学ぶ事は全く別物ですが、それでも知識は全ての要になりますよね。
現在、一級建築士の取得を目指して勉強している最中ですが既にプレッシャーがすごいですね。合格目指して頑張ります!
一言Q&A
・学生時代に頑張った事 ・・・ 遊ぶ事!!!!!
・どんな人と働きたいか ・・・ ユーモアのある人
・学生と社会人の違い ・・・ 礼儀と責任
・貝沼建設のココが凄い ・・・ 営業力・客付力
・どんな社員が多い ・・・ 明るい、笑顔が多い
・社会人になっても変わらなかったこと ・・・ ゲーム好き
・休日の楽しみ ・・・ 寝る事 運動(ロードバイク)
仕事の相棒:図面・三角スケール・電卓・メジャー
現場やお客様宅を訪問する時など仕事中は常に肌身離さず持っています!
三角スケールは建設業界では常識アイテムですが、営業課の新入社員などはほとんど知らない為、使い方を教えるとだいたい欲しがられます。それぐらい便利で必須なアイテム!

鬼塚 渚

NAGISA ONIZUKA

  • 中川支店 不動産管理課
  • 2010年4月入社
  • 愛知県出身
  • 愛知学院大学 総合政策学科

主な業務
・賃貸契約書、管理委託契約書の作成 ・営繕関係の管理 ・家財保険の申請 ・現金小口管理 ・家賃の滞納管理
1日の業務の流れ
08:30 出社・掃除
08:45 朝礼
09:00 始業 メール確認(社内・社外も含めてメールの確認・返信)
10:00 営繕の注文書作成、支払い関係の事務処理
11:30 お部屋探しのお客様対応
12:30 昼食
13:30 賃貸借契約書の更新業務
15:00 各種ファイリング
17:00 小口現金の清算処理
17:30 帰宅
メッセージ
最初は本当に苦手でした
支店では事務職の社員が最初に電話に出る事が多いのですが、中には理不尽な電話もあったりして…。特に入社当時は対応方法も分からなかったので戸惑ったり、苦手だなって思ったりもしましたね。それでも電話はお構いなしにドンドンかかってくるので、出るしかなくて…。そうこうしていく内に、対応の仕方が分かるようになって、今ではコールが鳴る前のランプが光った時点で出ちゃいます(笑)
会った事がないお客様からのご指名
そんな色々な電話の対応をする中でお叱りの電話を頂く事ももちろんあります。そんな時は状況確認、原因や経緯などをお客様からなるべく詳細を聞くようにしているのですが、その時の対応が良かったからと、次から私宛に電話を頂くようになって…。これは本当に嬉しかったですね!普段お客様と接する機会がそんなに多くはないので、信頼してお話ししてくださっているという事が分かって、電話対応一つとっても大切なんだなぁと実感した出来事です。よくある言葉かもしれませんが、やっぱりお客様からの「ありがとう」の言葉で仕事を頑張ろうって思いますね!表に出る事は多くないですが、自分達の仕事はお客様に繋がっている事を意識して取り組んでいます。
いい人の集合体
わが社は6支店と本社があり、それぞれの支店にそれぞれのカラーがあると思いますが、私の中川支店は一言でいうと「いい人の集合体」!恐らく、わが社の社員のほとんどみんな自分の支店の事をそう思っているかも!なんか逆に嘘っぽくなりそうですが、いい人が多いなぁと本当に思います!もちろん、会社なので合う人合わない人っていう事はありますが、それでも悪い人はいないなぁと。いい意味での距離感があるので、なれ合いではなくメリハリある環境だと思います。
気さくな居心地がいい空間を作りたい
基本的に事務所にいる時間が殆どなので、事務所内の空気感はある意味私たち事務職の雰囲気が大切だと思っています。その為お客様だけでなく、外で働く営業さんの方たちにも居心地がいいって感じてもらえるように、仕事が頼みやすくコミュニケーションが取りやすい空気になるように意識しています。特に新入社員に対しては気さくに質問できる状況を作るようにしています。営業系の新入社員は先輩や上司から厳しく怒られる事も多いので、私たち事務職はどちらかというとフォローするように心がけています!
一言Q&A
・学生時代に頑張った事 ・・・ バイト(カラオケ)
・どんな人と働きたいか ・・・ 明るく元気な子、素直な子
・学生と社会人の違い ・・・ 責任感、けじめがしっかりある
・貝沼建設のココが凄い ・・・ 親身になってくれる人がたくさん
・どんな社員が多い ・・・ いい人
・社会人になっても変わらなかったこと ・・・ 旅行好き
・休日の楽しみ ・・・ 旅行・カメラ
仕事の相棒:パソコン用メガネ
基本的に1日中パソコンでの業務になるので、夕方になるとどうしても目が痛くなってきて…。酷い時は頭痛も起こるので少しでも軽減できるようにPC業務中は常にかけています。

エントリーはこちら

お気軽にお問い合わせください

本社

お電話でのお問い合わせ

052-242-1131受付時間 9:00~18:30

ご相談・
お問い合わせ

×