• HOMEHOME
  • 家族で考える円満相続

家族で考える円満相続

皆様は相続について、どのように認識されていますか?
2013(平成25)年度税制改正大綱によって、相続税が2015(平成27)年1月1日から増税され、従来は相続税がかからなかった人にも相続税がかかる時代になりました。これまでは人ごとのように思っていたのに「わが家も納税しなければいけないの?」と不安を感じている人も多いでしょう。
このページでは、確実にやってくる“相続大増税”の時代を乗り越えるために必要な基礎知識を、わかりやすく解説しています。ご家族の皆様で相続について話し合い、より豊かな未来づくりにお役立ていただければ幸いです。
さらに詳しい内容やご質問は、私たち貝沼建設にお気軽にご依頼ください。

家の相談

相続財産がある

財産の多い少ないはもめる原因にはなりません。多くの財産があっても、それ以上の債務が残されていれば「相続放棄」という解決策がとられます。

相続人が複数

相続人が複数いても、被相続人の想いを大切にし、相続人同士が相手への思いやりを忘れずに手続きを進めればもめる相続にはなりません。

相手を尊重しない

自分の権利ばかりを主張し、相手の立場を尊重しないことでトラブルが生じます。仲が良かった兄弟姉妹でさえもめる可能性があります。

遺言書とは、被相続人(亡くなった方)が最後の想いを伝えるものです。遺産の相続をスムーズに行い、相続人同士でトラブルが起きないようにするためには欠かすことができない書面といえます。
遺言書の内容は、原則として法律で定められた相続の規定よりも、優先されます(ただし、遺留分という法律で定められた制限が設けられています)。
一般的に作成されている遺言書には、以下の3種類があります。

※1 相続法改正により、「自筆証書遺言の作成方法」が変わりました。(2019年1月13日施行)
自筆証書遺言に添付する「財産目録」については、パソコン等で作成することが可能になりました。また、「銀行預金通帳のコピーや、不動産の登記事項証明書」を添付することができます。ただし、「全てのページに署名し、印を押さなければならない」と規定されていますので、注意が必要です。そして、法務局が自筆証書遺言を保管してくれるという制度が新設されることになりました。(施行日はまだ決まっていません。公布の日から2年以内に施行されることになっています)

遺言書は、死期が迫ったときに書くものと思われがちですが、いざその時になったときには病気 などで遺言書を書けない状態になっている可能性も十分にあります。遺言書は、遺言書を書いてみようかと思われたときに実行されることをお勧めします。書いた後でも、別の遺言書を書いて遺言の内容を変更することも可能です。
遺言書の効力は、「自筆証書」「秘密証書」「公正証書」のどれでも同じですが、公証人が作成する公正証書遺言が安心です。遺言の内容は単純明快がいいでしょう。土地・建物の記載は、登記事項証明書(登記簿謄本)
を取り寄せるなど、財産を特定できるようにします。また、遺言は目的を持って作成するわけですから、ある程度その内容を相続人に明らかにしておく必要もあります。遺留分にも注意が必要です。

遺言は、財産を特定の相続人に引き継がせて節税対策する場合にも有効です。
例えば、遺言により財産を孫に遺贈すれば、世代を飛び越した相続となるため、相続税の課税を1回免れることができます。将来、値上がりが期待できる財産を遺贈すると、よりいっそうの節税効果が期待できるでしょう。
ただし、このように孫が財産を相続する場合には、「相続税の2割加算」という制度により、通常の相続税額に2割加算されてしまう点に注意する必要があります。

預貯金を投資用不動産に組み替えることは、節税の基本といえます。相続財産の評価額が圧縮され、相続税対策に大きな効果をもたらします。
例えば、相続財産が現金の場合、額面金額100%に対して相続税が計算されます。一方、現金を不動産に組み替えた場合、建物は固定資産税評価額、土地は路線価で評価されるため、「時価」に比べて相続税を計算する際の評価額はぐんと少なくなります。
不動産を第三者に貸し出していた場合には、建物、土地ともに、さらに評価額を下げることができます。

所有法人を活用した賃貸事業も有効な方法の一つです。
個人での賃貸マンション事業の場合、多額の賃貸収益を得る一方で、長年にわたる収益の蓄積により相続税の対象となる相続財産(現金)も増えてしまいます。
そこで、親が所有する土地上の賃貸建物を法人名義で取得し、子どもは法人の役員として、役員報酬を受け取るという方法が所有型法人の活用です。所有型法人の活用にあたっては、事業規模に注意しましょう。
賃貸事業経費や法人を健全に経営するための経費などを差し引いても一定以上の収益が得られる貸マンション事業でないと、収益分の効果は薄くなってしまうからです。

所有型法人のしくみ
相続読本

さらに詳しい内容は相続読本をご覧ください

相続読本ダウンロード

お気軽にお問い合わせください

本社

お電話でのお問い合わせ

052-242-1131受付時間 9:00~18:30

ご相談・
お問い合わせ

×